広島の不動産情報、分譲マンションの販売、分譲賃貸情報はウェルスマネジメントへお任せ下さい。分譲マンションの企画・販売・管理業務に常時した人間が集まり設立しました。また、ビルオーナー様向けのポンプリース事業も展開しております。

SUMAI.COM スマイドットコム | ウェルスマネジメント株式会社

売却の流れ










■ 3種類の媒介契約の仕組み

 
一般媒介
専任媒介
専属媒介
複数の不動産との契約
×
×
自分で発見した相手との契約
×
販売活動の報告義務
無し
2週間に一度
1週間に一度
他業者への物件情報提供
不要
必要
必要

■ 3種類の媒介契約の特徴

(1)一般媒介契約
  ・複数の不動産業者に依頼可能
  ・不動産の販売は、「作戦」が必要です。作戦が立てられないため考えものです。
(2)専任媒介契約
  ・一般的に一番多い媒介契約
 ・不動産業者も広告費をかけやすく、信頼に応える努力をします。
(3)専属専任媒介契約
 ・不動産業者がとても信頼できるところならOK
 ・実際にはあまり専任と変わらないため、頻度は低いです。









(1)仲介手数料
   成約価格×3%+6万円×消費税

  例)売買金額が3000万円の場合
     3000万円×3%+6万円×消費税=100万8000円
    
(2)印紙代金
   売買契約書に貼付けする印紙税
   1万円または1万5千円(売買金額によって異なります)

(3)境界確定費用(戸建または土地の場合)
   隣地との境界に境界標が無い場合、売買後のトラブル防止のため境界標を設置し、境界明示をする必要があります。
   通常25万円前後ですが、複雑な状況の場合、これ以上かかる可能性がございます。

※基本的な費用は以上となりますが、相続の場合等、別途費用がかかる場合もございます。
   査定書にて物件ごとの費用はお見積り致しますのでご参照下さい。




あなたの希望に沿った買主が見つかり、両者が納得すれば不動産売買契約を締結します。


成約には買主から値引き等のご要望がある場合があります。内容を媒介契約業者からしっかり確認した上で回答しましょう。些細なことで、ようやく見つかった買主と契約破棄にならないよう、最後まで慎重に行動しましょう!


ご契約時に必要なものを必ずチェック(代理人によって契約を締結することもできます。)

ご本人が必要なもの

 □ 権利証
  □ 実印
  □ 印鑑証明書(3ヶ月以内のものを1通)
  □ 管理規約書
  □ 建築確認通知書(検査済証)(建築協定書)
  □ 固定資産税納付書
  □ 印紙代(売買金額によって異なります)
  □ 仲介手数料の半額(別途消費税および地方消費税が必要です)
  □ 運転免許証など(ご本人と確認できるもの)

代理人が立ち会う場合に必要なもの

 □ 委任状(本人の自署と実印を押印したもの)
  □ 本人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
  □ 代理人の実印および印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
  □ 代理人の運転免許証など(代理人ご本人と確認できるもの)






残代金を受領し、カギを渡して売却活動が完了します。

売る事だけに集中して、以下の事がおろそかになっていませんか?
売却完了前に今一度チェックしましょう!



残代金受領時に必要なもの

必要なもの

 □ 権利証
  □ 実印
  □ 印鑑証明書(3ヶ月以内のものを1通)
  □ 固定資産税納付書
  □ ガス、水道他生産領収書
  □ 管理規約、パンフレット、建築確認書など
  □ 仲介手数料の残額(別途消費税および地方消費税が必要です)
  □ 登記費用(抵当権抹消登記などがある場合のみです)
  □ 売却物件のカギ

登記されている住所と印鑑証明書の住所が異なる場合には、上記以外にも書類が必要になります。


▲ページトップへ